素材(生豆なままめ)について

投稿者:

CoffeeJadeではスペシャルティコーヒーをメインに、信頼できる業者から生豆を仕入れています。生豆とは、世界中から輸入された時のコーヒー豆の状態でそのままでは通常飲用せず、焙煎してからでないとあの心地よい香りを感じることができません。仕入れ価格を下げようと思えば生豆の品質を落としてしまえば簡単です。ですが当然味や見た目の違いは明確で欠けた豆や未成熟な豆、さらに悪いものだとカビたものまで入ることに。これらを取り除けばすべて良いのかというとまた違い、全て取り除いても「欠点豆の無いグレードの低い豆」になるだけです。品質の良いコーヒーだと欠点豆が少ないのはもちろん、豆それぞれのキャラクターを感じることができます。コーヒーはフルーツの種なのですが、その味や香りを他のフルーツや食べ物に例えたりします。レモン、オレンジ、チョコレート、ハーブ、花のような、等々。これらは味の評価をする時(カッピング)で使われるコーヒーの世界共通言語です。スペシャルティコーヒーはこういったキャラクターを表す表現がたくさん出てきます。それは一つのコーヒーの中に様々な味わいの要素があり、複雑で豊かなものを感じさせてくれます。また、味そのもの意外にも口当たりが良かったり、冷めても美味しかったりなど一つの飲み物としての品質が高いのです。近年では品質向上の為にコーヒー農園の方々も試行錯誤して新たなコーヒーを作り出しています。品質の低い生豆ではどれだけがんばって焙煎や抽出をしてもそれ以上にはなりません。品質の良いものは味わい豊かで楽しくなるのですが、手がかかっていてそれなりに値段がかかってしまうものです。CoffeeJadeでは皆様に様々な楽しみをお届けするべく妥協せずに良い生豆を仕入れていきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください