コーヒーをお飲みいただいた感想が届きました。

早速頂いた「浅めに焙煎したコロンビア」を飲んでみました。長くなりますが感想です。まず、口当たりがあっさりでとても飲みやすく、口に入れると甘い香りがブワッと口中に一気に広がります。そして、最後に飲み込む瞬間にキュッと軽く苦いコクもあって、しっかりとコーヒーらしさも口に残ります。酸味や苦味よりも甘い香りを特に強く感じられるコーヒーでした。コーヒー単体よりもチョコ味の物と合わせて飲むと良いかなと思います。コロンビアってこんな良い香りがするんだと改めて実感できるコーヒーでした。そんな感じです。感想が長いですが、参考になれば幸いです。いつもおいしいコーヒーありがとうございます。

とても味わっていただけたようでこちらも嬉しい限りです^ ^ありがとうございます。焙煎機が変わりましたが、よりよい方向に向かっているのを実感しています。

コーヒー豆は焙煎を開始してからカロリー(熱量)をかけていくとパチパチと爆ぜます。(一ハゼ)もっと進行するとピチピチ(二ハゼ)と爆ぜます。感想にあった浅めの焙煎は二ハゼ直前で終了したもので、二ハゼ以降の領域よりコーヒーそのもののキャラクターを味わえます。二ハゼ以降は苦味がだんだんと増えてきて(酸味は減る)コーヒー豆本来のキャラクターが見えにくくなってきます。昨今のサードウェーブと呼ばれるコーヒーのムーブメントではかなり浅い煎りが多くこれはコーヒー豆そのものの、本来の味わいを表現したいという意図からきています。焙煎の仕方にもよりますが、中には酸味が刺激的すぎるものもあり本来の味わいを楽むのだからと我慢?している人もいるかもしれませんね⁉︎その辺は飲む人の自由ですが、できれば普通に楽しめる魅力的なコーヒーに出会ってもらいたいと思います。浅煎りがそのコーヒーの本来のキャラクターを感じやすいのは間違いないのですが、深煎りには深煎りの魅力があることも間違いありません。

そのコーヒーのキャラクターが味わえて…香り高く何より後味がステキな…毎日飲みたくなるコーヒーを作っていきます。まだの方、是非お試しくださいね^ ^

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください